JUNIOR COLLEGE

学長挨拶

情報化・高齢化・少子化社会に期待される人材の育成、

職業人として自立できる各種資格の取得

私たちを取り巻く環境
今日の日本は、まさに激動期の真っ只中にあります。社会環境は時々刻々と変化し、価値観も多様化しています。そのような中、常に社会のニーズに合った新しい目標に向かって、挑戦し続けることが大切です。
本学の教育
本学の教育の目標は、幅広い教養を身に付け社会の要請と時代の変化に対応できる人材の育成、実際社会に即応できる能力の育成、個性的で現代社会に創造的に適応できる人材の育成です。そのためには、まず、情報化社会で活躍する上で必要不可欠なパソコンやインターネットを自由に使いこなせるように、情報教育をすべての学生に行います。次に、2学科(保育科、生活福祉情報科)において、専門分野の知識・技能を学び、情報技量を生かしながら各分野で活躍できる職業専門家を育成します。
入学を希望されるみなさんに期待すること
みなさんが本学への入学を希望されるにあたって、しっかりした目標を持ち、その目標達成のために、強い意志を持ってこられることを期待します。また、すばらしい友人・先輩・教員との出会い、高校では学べない専門分野の講義や実習など夢中になれるものがたくさんあります。本学でいろいろな経験を積まれ、豊かな教養と専門的知識を身につけ、満足度の高い学生生活を送っていただきたいと願っています。

近畿大学九州短期大学 学長 林 幸治

近畿大学九州短期大学
学長 林 幸治

プロフィール
昭和31年 飯塚で生まれる。
九州大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学理学博士(九州大学)
近畿大学附属女子高等学校教諭、近畿大学九州短期大学講師、助教授、教授