JUNIOR COLLEGE

通信科目

通信科目とは

通信科目のレポートを必要冊数提出し受付されると、レポートの合否にかかわらず科目終末試験を受験することができます。
試験は60点以上が合格で、提出されたレポートも合格すると、その通信科目の単位を修得したことになります(通信と面接の併用科目は、レポートと科目終末試験・スクーリングの両方の合格をもって単位修得となります)。
合格するまでレポートは再提出し、試験は再受験する必要があります。
科目終末試験は、5月から翌年2月までの期間内に、年間8回実施されます。申込期日・試験日・会場等は、毎年発行の機関誌「梅友」でお知らせしています。

通信科目合格までの流れ

  1. 01レポート提出
    レポートを提出(1単位:1,500字、2単位:3,000字)し、本学で受理されると科目終末試験の申込みが可能となります。
  2. 02試験申込み
    所定の期日までに申し込みをします。
    1科目1,000円の授業料が必要です。
    受験地は、全国20箇所以上の会場から選択できます。
  3. 03試験実施
    申し込みをした会場で受験をします。
    1日に午前・午後それぞれ3科目(計6科目)まで受験できます。
  4. 04学習終了
    提出したレポートと、試験両方に合格すると、通信科目の学習終了です。
    なお、スクーリングとの併用科目は、レポートと科目終末試験・スクーリングの合格をもって単位修得となります。

科目終末試験会場(令和元年度実績)

全国20箇所以上の会場から受験地を選択していただけます。
※会場によって実施回数は異なります。
※会場は、年度により異なる場合があるため、毎年発行の機関誌「梅友」でお知らせしています。